第36回 静岡・ハイブリッド大会

日時
2022年12月11日(日)
13:00~16:00
開催方法
三島市民文化会館(リアル)・ZOOM(オンライン)
定員
現地130名・オンライン1,000名
テーマ
『これまでの実践』×『ICT』により教育の質は向上したか
資料代
学会員:2,000円 非学会員:5,000円
入金・
申し込み方法
Peatixhttps://peatix.com/event/3108283/view
■13:00~13:45 全体会
1 開会挨拶(3分 13:00~13:03)

2 向山洋一教育賞論文概要発表・表彰式(20分 13:03~13:23)
 ○教育技術賞 ○最先端実践賞 ○学級経営・児童生徒指導賞 ○向山洋一実践・研究賞

3 ベーシックスキル測定に関する研究発表と討論(27分 13:23~13:50)
 発表者: 指定討論者: 司会:( ) 討論の意義について解説:谷和樹

 ①発表者が「谷先生音読指導映像」と「若手が行なった同教材指導映像」との比較を、「スピード感」というテーマに即した研究発表を行う。
 ②発表者の研究発表に対して、指定討論者が批判的な意見を述べ、発表者と指定討論者の議論を展開していただく。
 ③司会者の先生は、この議論を司会しつつ、会場の質問などもとりあげコーディネートしていく。
 ④以上のようなやりとり終えた後、分科会でも行うことや、その意義を谷先生からコメントいただき、各分科会に分かれていく。


■13:50~14:00 休憩(10 分)


■14:00~14:45 分科会
「これまでの実践」×「ICT」により教育の質はどのように向上したか

A:小学校教科指導    発表者:林健広先生   指定討論者:石坂陽先生
B:中学・高校教科指導   発表者:星野優子先生  指定討論者:大森雄一先生
C:特別活動・学級経営  発表者:松島博昭先生  指定討論者:山本東矢先生
D:総合的な学習・教科横断的現代的な課題
            発表者:水本和希先生  指定討論者:塩谷直大先生
E:教育課程・学校運営  発表者:島村雄次郎先生 指定討論者:瀬戸勝先生
F:特別支援教育     発表者:武井恒先生   指定討論者:川原雅樹先生


■14:45~14:55 休憩(10分)


■14:55~16:30 全体会
1 パネルディスカッション(50分 14:55~15:45)
 「次期学習指導要領を見据えて『令和の日本型学校教育』で実現すべきこと(仮)」
 登壇者:合田哲雄、堀田龍也、向山行雄、谷和樹 司会:長谷川博之

(1)次期学習指導要領の大枠(合田)
(2)学校運営のポイント(向山)
(3)中教審で議論されていること(堀田)
(4)学習指導要領を具現化する TOSS の方向性(谷)

2 大会記念講演(30 分 15:50~16:20)合田哲雄
「次期学習指導要領を見据えて『令和の日本型学校教育』で実現すべきこと(仮)」

3 総括講演 谷和樹(10 分 16:20~16:30)

研究大会申し込み・入会申し込みはこちらから