会長挨拶

本学会は、子ども達にとって価値ある教育技術の発掘・創造を期し、会員相互の情報共有や研究上の協力を促進することを目的としています。1987年に創設されて以来、積み上げてきた35年の歴史があります。

2022年4月には、本学会をさらにステップアップさせるため、任意団体から一般社団法人へと移行しました。

また、長きにわたって会長を務めてこられた向山洋一氏は、2021年12月をもって会長を退任されました。日本の教育のために、教育技術の開発・普及・発展に尽くしてこられた向山洋一氏のこれまでの功績に改めて敬意と感謝の意を表します。
退任にあたって、向山洋一氏からは、今後の教育技術の開発・普及・発展と後身の育成のために多額のご寄付をいただきました。ご寄付は、本学会の「向山洋一教育賞事業積立資産」とし、2022年度から「向山洋一教育賞」を新たに設立いたしました。ぜひ多くの方にご応募いただければと思います。

本学会では、毎年、研究大会を開催しています。第36回となる2022年12月11日には、静岡県を開催地として、本会初の現地参加とオンライン参加のハイブリッドでの大会開催を計画しています。ぜひ多くに方にご参加いただければと思います。

引き続き、本会活動への会員の皆様のご協力と積極的な参加をお願いします。
また、本会に関心を持つ教員の皆さんや学生の皆さんの新規入会を心から歓迎いたします。

日本教育技術学会
会長 谷 和樹

学会紹介

日本教育技術学会は、1987年の設立以来、子ども達にとって価値ある教育技術の発掘・創造を期し、会員相互の情報共有や研究上の協力を促進することを目的として活動しています。
今後も、学会としての責任を自覚し、日本の教育力の向上を目指すべく、機関誌を通じて情報を発信するとともに、研究成果発表や意見交流の場をより充実させ、日本の教育の発展により一層の貢献をしていきたいと考えています。

詳しくはこちら

研究大会

第36回 静岡・ハイブリッド大会

日時
2022年12月11日(日)
13:00~16:00
開催方法
静岡県男女共同参画センターあざれあ(リアル)・ZOOM(オンライン)
申込方法・入金
Peatix
https://peatix.com/event/3108283/view
テーマ
『これまでの実践』×『ICT』により教育の質は向上したか

詳しくはこちら